<< ゴツイ体型にならない筋トレ方法 | main | 軽い負荷でもスローテンポで行えば高強度のトレになる >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

鍛えても太くならない筋肉

筋肉は、
鍛えれば、鍛えるほど太くなるもので

ボディービルダーの分厚い胸板や、盛り上がった型、太い腕、丸太のような太もも

これらは、いずれも筋肥大トレーニングを重ね
プロテインなどで十分なタンパク質を補給したことによって
速筋が肥大したものでしょう。

しかし、そうしたモリモリで太い筋肉と比べると
ふくらはぎの部分は、それほど太くないように見える人もいますし
お腹やウエストの部分は、くびれています。

特にふくらはぎの部分が細い場合
すぐ真上の太ももが太いだけに
余計に目立ちます。

ボディビルダーなら、
ふくらはぎの筋肉も鍛えているはずなのに
この部分が、あまり太くなっていない人がいるのはなぜでしょう。

ふくらはぎの筋肉は
もともと遅筋繊維の割合が多く
先天的な要素と成長期の生活環境が大きく影響する筋肉で
成人になってから鍛えても
肥大しにくい筋肉です。

ですから、
よほど長期間、強度の高い筋トレを継続しない限り
ふくらはぎが太くなることはありませんし
「筋トレをやると足首が太くなる」
と言うことは絶対にありえません。

足首が細いとか、太いとか言うのは
骨格などの問題であり
筋トレとは全く無関係の問題です。

しかし、ふくらはぎの場合ならば
筋トレによって引き締めることは比較的簡単です。

一般的に、筋肉の筋繊維の割合の比率は
速筋5割、遅筋5割で
ちょうど半分ずつの割合ですが

前述のとおり
ふくらはぎは遅筋繊維の割合が多いので
肥大はしにくいけれど
遅筋には、糖分以外に、周辺の脂肪を燃焼させる作用があるので
鍛えれば、鍛えるほど、周辺の脂肪が落ちて
その部分が引き締まっていくのです。

腹筋も遅筋の割合が多いので
同じことが言えます。

つまり腹筋と、ふくらはぎは
遅筋の割合が高いので筋肥大はさせにくいが
引き締めやすい部分なのです。


腹筋と、ふくらはぎは引き締めやすい


・遅筋には糖分以外に周辺の脂肪を燃焼させる作用がある
    ↓
・腹筋と、ふくらはぎは、他の部位に比べて、遅筋の割合が多いので、遅筋を鍛えやすい
    ↓
・鍛えると筋肥大はしないが、周辺の脂肪が落ちて、くびれたウエストと引き締まったふ くらはぎが出来あがる。



ふくらはぎと腹筋を鍛える筋トレメニュー


腹筋を鍛えるメニュー

横腹筋を鍛えるメニュー

ふくらはぎを鍛えるメニュー



スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 18:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
<体脂肪を燃焼して>,美しいスリムボディに
■□■体をデザインする■□■ヘルス&ビューティー■□■もっと美しく■□■
劣等感解決情報
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM