<< タンパク質は筋肉の修復には欠かせない栄養素 | main | 各部位の筋肉と、その役割 >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


筋力アップの仕組み

筋肉は、
<筋繊維>と言う
細い糸状の繊維が、何本も束になって構成されています。

これらの筋繊維が
神経からの命令を察知し、反応することで
筋肉が動くのですが

筋肉が動く時、
全ての筋繊維が反応するわけではなく
神経からの命令を察知せず、
眠ったままの筋繊維もあります。

眠った状態の筋繊維が多ければ多いほど
筋肉は、本来持っている力を発揮を発揮できないのですが
筋トレを続けていくうちに、眠っている筋繊維は刺激を受け
目覚めて行きます。

眠っていた筋繊維が、叩き起こされて
神経からの命令を察知し
筋肉の動きに動員される筋繊維が増えれば
筋肉は、本来持っている力を発揮できる状態になります。

さらに、筋トレを継続して行くと
筋肉は
動員する筋繊維の量だけでなく
筋繊維の質も良くしようとします。

こうして筋繊維は
より太く、より強くなり
<筋肥大>が起こるのです。

眠っていた筋繊維を目覚めさせ
筋肉を活性化させる事(筋力アップ)は
筋トレを始めてから比較的短期間(2週間程度)で出来ますが
筋トレを止めてしまえば
すぐに元に戻ってしまいます。

本来、筋肉というものは
筋繊維の大半を眠らせているのが普通の状態なので
筋トレを止めてしまえば
すぐに、筋繊維の動員率を普通の状態に戻してしまいます。

つまり、筋力は
すぐに元通りになってしまうのです。

しかし、一本一本の筋繊維の質が太くて強ければ
筋トレを止めて、筋繊維の動員率が元に戻っても
力を発揮できます。

筋肥大が起こるまでには比較的長い期間が必要ですから
最低でも3か月は頑張りましょう。


筋肥大になる前に筋トレを止めた場合

 ゞ撻肇譴廼敍に負荷を与える
       ↓
◆〔欧辰討い振攸^櫃刺激され目を覚ます
       ↓
 筋肉の動きに動員される筋繊維の量が増えて筋力アップする
       ↓
ぁゞ變魯▲奪廚靴燭里廼撻肇譴鮖澆瓩
       ↓
ァゞ攸^櫃瞭旭率は落ち、それにともなって筋力は元通りになり
  筋肥大していないので、基礎代謝量も変わらず太りやすい体質のまま



筋肥大まで筋トレを継続した場合

 ゞ撻肇譴廼敍に負荷を与える
       ↓ 
◆〔欧辰討い振攸^櫃刺激され目を覚ます
       ↓ 
 筋肉の動きに動員される筋繊維の量が増えて筋力アップする
       ↓
ぁ,気蕕剖撻肇譴魴兮魁複押腺海月)
       ↓ 
ァゞ攸^櫃亮舛太くて強くなる (筋肥大する)
       ↓
Αゞ撻肇譴鮖澆瓩洞攸^櫃瞭旭率は元に戻ったが筋力は落ちず
  基礎代謝量も多いので太りにくい

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 19:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM