<< 食事の前に筋トレ、食後(直後ではない)に有酸素運動が理想的 | main | 筋力アップの仕組み >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タンパク質は筋肉の修復には欠かせない栄養素

筋肥大は筋トレなどの負荷で
ダメージを受けた筋繊維が修復される時に
もっと太くて強くなろうとする作用によって起こりますが
筋繊維が修復される時に、その材料になるのがタンパク質です。

1日に必要な摂取量は
一般の人で、体重1kgあたり1g
日頃から筋トレをしている人で、1kgあたり1gのタンパク質が必要だと言われています。

例えば体重65kgの人の1日に必要な摂取量は
筋トレの習慣が無い場合で65g
筋トレの習慣が有る場合で130gです。

私の場合だと
同じ強度のトレーニングをしても
十分にタンパク質を摂取出来た場合なら
次の日の筋肉痛は大したことは無いか、
筋肉痛自体が無く少しだけ筋肉の疲労感がある程度なのですが
タンパク質が不足すると、
次の日に、かなりきつめの筋肉痛が起こります。

おそらく、この筋肉痛は
筋トレでダメージを受けた筋肉がタンパク質不足によって
修復しきれなかった為に起こる物でしょう。

しかし、現実的に130gのタンパク質を摂取するのはなかなか難しいですし。
単純に130gのタンパク質を摂取すれば良いというものではありません。

それに、人間が一度に吸収できるタンパク質は40gまでなので
2時間程度の間隔を空ける必要があります。
朝食を抜いて、昼食と夕食で65gずつ食べても摂取した事にはならないのです。

筋トレ日の三食は、いつもよりタンパク質を多めにし
三食以外にも、
市販のプロテインや低脂肪乳、豆乳などでタンパク質を補給するのが理想的です。

特に、筋トレ直後には速やかにタンパク質を補給する必要があります
出来れば液体状のものが吸収しやすくて効率的でしょう
一番良いのはプロテインですが
プロテイン以外にも
牛乳や豆乳なども良いです
牛乳や豆乳に、きな粉を混ぜれば一層効果的です。
            

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM