<< 姿勢を改善して腰痛を予防する | main |

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ストレッチ腹筋

下半身と上半身をつなぐ筋肉に大腰筋という筋肉があります。

この筋肉は、ダッシュの時など
足を素早く引きつける時に大きな役割を果たしており
運動神経の良し悪しに大きく関わる筋肉で
優れた陸上選手は、この筋肉が大きく発達しているようです。

体の内部に隠れているので、外見上は分かりにくく
年齢とともに衰えやすい筋肉でもあるので
「若い時のように思うように体が付いていかない」のは
この筋肉が大きく衰えているということが考えられます。

それに、大腰筋が弱いと骨盤を真っすぐに保つことが出来ないため
お尻が突き出てきますし
さらに、腹筋が弱っている場合には、下腹も出て姿勢も前かがみになりますから
当然、腰にも負担がかかり、やはり腰痛の原因になります。

下の図は大腰筋を鍛え、お尻から太ももの裏側の筋肉を伸ばして
運動神経を向上させて
なおかつ、正しい姿勢を保つのに必要な腹筋を鍛えるのに適したメニューです。
    

大腰筋と腹筋を鍛え、お尻と太もも裏側の筋肉を伸ばす

鍛えられる主な筋肉:腹筋大腰筋
ゞ銚けに寝そべり、足を揃えて、かかとを壁に付ける

     
⊂綢里魑こして、指先を足首の辺りにタッチさせる。


※壁と自分との距離を変えれば、強度も調節できる。


スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 04:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2008/06/21 1:47 PM
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM