<< 自重トレで連動する小さい筋肉も同時に鍛える | main | プロテイン・・出来るだけ頼りたくは無いけれど >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


筋トレ期間中の、3食の摂り方

筋肉を効率よく発達させるには
タンパク質を多めに摂取する必要がある
ということは、再三述べてきました。

1日あたりのタンパク質の摂取量は
体を鍛えていない場合は体重1kgにつき1g(体重65kgなら65g)
体を鍛えている場合は体重1kgにつき2g(体重65kgなら130g)
  ↑
これくらい摂取するのが理想でしょう。

1日で130gのタンパク質を
通常の食事だけで摂取するのは難しいので
不足分はプロテインで補いたいところです。

私が現在飲んでいるホエイプロテインは
100g当たりのタンパク質の含有料が76gで

筋トレ直後は、
100%の果物ジュースに
寝る前には
牛乳に混ぜて飲んでいます。

筋トレ直後の時などは
筋肉がタンパク質を欲しがっている状態なので
効率的に筋肉に吸収されて
非常に効果的ですが

プロテインは、あくまでも補助食品なので
これだけに頼るような事は、止めましょう。

やはり、
メインである朝、昼、夕の食事を重視したいところです。

日本人が1日の食事で摂取する平均的な栄養の割合は
炭水化物6割、タンパク質3割、脂質1割ですが

筋トレ期間中は
炭水化物5割、タンパク質4割、脂質1割
ぐらいを基準にしましょう。

さらに、
目的に応じて炭水化物と脂質の量を
調節してみるのも良いかもしれません。

例えば
脂肪の量が多い方が筋肉は増えやすいので
単純に筋肉だけを増やす場合は
タンパク質と共に脂質の量も増やし

筋トレとダイエットを並行する場合には
タンパク質の量を多めにして
炭水化物は、若干減らし
脂質の量は、可能な限り抑えるなど
自分なり工夫してみて下さい。

また、
ダイエットをしている人が
高脂肪の食物や
甘いものを
どうしても食べたくなった場合には
昼間のうちに食べた方が良いかもしれません。


筋トレ中の朝食、昼食、夕食の役割

朝食=体温を上昇させて、体を活性化させる必要があるので、炭水化物を主に摂取

昼食=労働などで消費するエネルギーを補給したいので
   炭水化物とタンパク質を十分にバランス良く摂取する。

夕食=睡眠で筋肉を効率よく発達させるために、タンパク質を主に摂取する。


筋トレ中の食事の栄養の目安

1日の食事量の合計を10割として考えた場合
朝食3割、昼食4割、夕食3割が理想です。

朝食:炭水化物6割、タンパク質3割、脂質1割
昼食:炭水化物5割、タンパク質4割、脂質1割
夕食:炭水化物4割、タンパク質5割、脂質1割

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 19:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
プロテインを飲んだことはないんですが、
スポーツやってる人が飲んでますね・・・
味は、どんなもんなんでしょう?
苦そうに思えるんです・・・
最近のホエイプロテインは
苦くないですよ。
バニラ味とかがあって
結構甘かったりします。

「美味しい」とまでは行かないですが・・
  • yasuhiro
  • 2008/03/02 8:25 PM
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM