<< 体脂肪率を0%にすることは出来るのか? | main | ダイエットをネタにした企業戦略と詐欺商法の歴史 >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


食事制限をすると、なぜ肥満になるのか?

今まで、このブログの中で
私が、何度も言って来た
<基礎代謝>と言う言葉

読者の皆さんは、聞き飽きたかもしれませんが
ウザがられることを承知で
敢えて、もっと詳しく説明させて頂きます。

基礎代謝とは、
人間が生きていくうえで
最低限必要なエネルギーのことで
運動をせずに
ボーッと、テレビを見たりしているいるだけでも
消費されるエネルギーです。

この基礎代謝量は、
普段は、一定の数値に保たれていますが
基礎代謝を保つための食べ物が不足すると
肉体は、この数値を減少させて
生命を守る作用をします。

基礎代謝が下がる例として典型的なのが
ダイエットなどで食事制限をする場合ですが
これは、一種の飢餓状態です。

人間は、特別な事がない限り
一日中寝て過ごすと言うわけにはいきません

日々の労働をはじめとする様々な葛藤
ストレスや興奮状態、泣いたり、笑ったり、怒ったりなど
人間らしい感情表現をするだけでも
基礎代謝以外のエネルギーが使われています。

飢餓状態で、こうした人間らしい活動をすれば
本来ならエネルギー不足で死んでしまうはずですが
人間の体は、こうした状況にも上手く適応して生命を維持しようとします。

どうやって?

脂肪を貯めるのです。

食事制限をしても、全然痩せない
あるいは、逆に太ってしまったと言う人がいますが

これは
食事制限によって、エネルギーが補充されないために
体がそれに適応し、
基礎代謝量を減少させてエネルギーの消費量を抑え、
体脂肪として蓄積してしまったからです。

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 17:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM