<< 運動することがクセになる | main | インスリンとの付き合い方 >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


筋トレ中毒症

筋トレを数か月間、継続して行くと
次第に効果が表れてきて
筋肉は、変化を見せ始めます。

筋力アップを目標に
重い負荷で、反復回数が少な目のトレーニングを継続していた場合は
速筋が鍛えられるので
筋肥大が起きて、筋肉モリモリの体になって来るでしょうし

ダイエットのために
軽い負荷で、反復回数を多目にしたトレーニングを継続していた場合ならば
遅筋が鍛えられるので
筋肉は引き締まって、体脂肪も落ち、スリムな体になって来るでしょう。

いずれにしても
トレーニングの効果が実感できるということは
本人にとって、とてもうれしいことで

鏡の前に立ち
トレーニング前とは、明らかに違う自分の肉体を見ながら
ポーズをつくって、自分に酔いしれたりして
喜びを噛みしめることでしょう。

そして、そうした喜びを味わうことで
今まで苦しいとしか感じられなかった筋トレが、楽しいと思えるようになり
より一層、頑張れるようになるはずです。

しかし、そうした気持ちが行き過ぎると
「筋トレをやらないと、筋肉が落ちる」とか「筋トレをさぼると、また、太ってしまう」
という強迫観念に駆られるようになり

極端になると
「筋トレをやらない日は、何となく爽快感がなくて、体調も悪い気がする」
というような、一種の禁断症状に駆られるようになってしまうこともあります。

そうした状態に陥ると
オーバーワーク(トレーニングのやり過ぎ)をして
効率的にトレーニングができなくなったり
無理して怪我をしたりします。

強迫観念については、心理的な要素ですが
禁断症状のようなものの場合は
科学的な証明はありませんが
前回説明した
ランナーズハイに似たような症状だと考えられています。

ランナーズハイにしても、筋トレ中毒にしても
上手く利用すれば、
トレーニングを継続する上でプラスになりますが
極端に頑張りすぎると
体を壊したり、怪我をしたりして
結局、トレーニングを休まなければならなくなってしまいます。

うるさく言うようですが

筋肉の回復には、
ある程度の日数が必要だと言う事を常に念頭に入れておくことと、
自分の体力をしっかり把握しておくということは、
とても大事なことなのです。


トレーニングのやり過ぎに注意

・筋トレの場合・・・筋肉の発達には、筋肉への刺激と、栄養素と、休養の
          3つの要素が必要なので、
          しっかり休養を取ると言う事もトレーニングの内だと考える。


・有酸素運動・・・普段運動の習慣が無い人は、数日間は軽い運動から始めて、
         自分の体力が、どの程度かを知る、
         そうやって、自分の体力を把握したうえで、
         ランナーズハイを目指す。
         体調が悪い日は、無理せず休む。

 

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 19:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM