<< 各種プロテインの特徴 | main | 風邪をひくと筋力は、どれぐらい低下するのか? >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


トレーニングのタイミング

以前、食事の前に筋トレ、食後に有酸素運動が理想的
という項目で
食前に筋トレを行い、
食後に有酸素運動を行うのが効果的だということを書きましたが

筋トレの後、
速やかに食事でタンパク質を補い
食事で摂取したカロリーを
有酸素運動で消費させるのが理想的
だということを書きたかったわけで

決して、
お腹が空いているときに筋トレを行い
満腹時に有酸素運動を行うのが良い、
という意味ではありませんので


誤解なさらないよう、お願いいたします。

空腹時のトレーニングと満腹時のトレーニング
いずれも、体に悪いです。

例えば、空腹の時は
同時に、血糖値が下がっている状態でもあります。

そのような状態でトレーニングをすると
副腎皮質ホルモンの分泌が活発になり、
血糖値を上げる作用をします
そして、この作用は
体脂肪が足りなくなると、
筋肉までも分解してエネルギーを作り出します。

このような作用は
肥満の人の場合なら
体脂肪だけを効率的に燃焼させ
筋肉まで分解されることはないので
空腹時のトレーニングは、効率の良いダイエットと言えますが

肥満でない場合は
筋肉まで削られてしまうことになるので

筋肉を鍛えるための筋トレで、筋肉が落ちてしまう
という事態になってしまいます。

逆に、満腹している時にトレーニングをした場合は
消化効率が悪くなり
エネルギーの吸収にも時間がかかるので
最低でも1時間は、運動を控えましょう。

以上のように、
トレーニングのタイミングは
お腹が空いているときでも
満腹の時でも良くないです。

理想的なトレーニングのタイミングは
お腹が空いてなくて、満腹でもない時ですが
毎日、忙しい中で
時間を合わせるのは、難しいかもしれません。

しかし、毎日の食事を3食しっかりとって
自分なりに工夫することで、補えるはずです。

私の場合ですが
筋トレ前に、お腹が空いた状態の時には
液状タイプのカロリーメイトで栄養を補給し(液状なので吸収も早い)

食後に有酸素運動をする場合には
食事の消化を良くするために、
大根おろしや、とろろ芋を
味噌汁などに摺り込んでいます。(かなり消化が良くなって、1時間後には満腹感がほぼ消えます。)



トレーニング前後の栄養補給を工夫する

ゞ撻肇譟Э前に行う、腹ペコの状態なら、カロリーメイトなどで適度に栄養補給。
          ↓
筋トレ後:出来るだけ早めに食事をとり、タンパク質を補給、とろろ芋などで消化吸収を早める
          ↓
M酸素運動:食事で摂取したカロリーを消費、(満腹感が消えてから行う)



※とろろ芋には、消化を助けるだけでなく、タンパク質の吸収効率を高める作用もあります

スポンサーサイト

  • 2008.06.20 Friday
  • -
  • 01:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









今よりお得にネットショッピング
                
<三畳分のスペース>,ジム並のトレーニング可能
私の狭いアパートでも使用できる筋トレマシーン
各種検索サイト
ブログ王 にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
google adsense
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM